多機能物流拠点

輸出入を伴う物流のリードタイムを短縮

アルプス物流は、内貨倉庫と保税蔵置場が一体となった多機能物流拠点を、日本を代表する輸出入の基地、成田国際空港・東京港に隣接して設置。同一建物内に内貨倉庫と保税蔵置場を併設することにより、国内外からのお客様の製品を同じ棟内で一時保管し、国内外の納入先への納品が可能になります。

輸出貨物取扱サービス

「輸出梱包」から「輸出通関」までを一棟で行うことで、リードタイムの短縮とコストの低減化を図ります。

輸入貨物取扱サービス

成田国際空港、東京港もしくは当社輸出入センターで輸入通関手続を行った後、 成田営業所や大井営業所にて流通加工(指定納品書・ラベルの発行貼付など)を行い、国内セットメーカー工場にJIT納品をいたします。

グローバルストック&デリバリーサービス

国内外のネットワークの連携により、お客様の国内・海外工場で生産した製品は、当社の成田営業所・大井営業所に集約し一時保管をします。これら保管製品はお客様からのご要望により、国内生産品と海外生産品とを組み合わせて、国内及び海外の納入先工場までお届けします。