グリーンロジスティクス

CO2排出量データをお客様へ提供

改正省エネ法の施行に伴い、一定規模以上の荷主企業や物流事業者は中長期的にCO2の排出量を毎年1%削減することが義務付けられました。当社はこの対象業者ではありませんが、「お客様へのCO2排出量データをご提供する」とともに、「アイドリングストップなどエコドライブの遵守」、「貨物の積載効率の向上」、「輸送ルートの見直しによる走行距離の短縮」などを進め、CO2排出量の削減に取組んでおります。

地球に優しいサプライチェーンの構築へ

CO2の排出量の削減が求められる中で、「アイドリングストップなどエコドライブの遵守」「貨物積載効率の向上」等、物流企業としての責任を果たしています。また、「CO2排出量データのご提供」を行うと共に、モーダルシフトをはじめとする輸送手段・ルートの見直しについての提案に積極的に取り組み、お客様と一体となって、環境に優しい物流の実現に努めます。

従来は、韓国から東京までコンテナ船で輸送し、そこから全国へとトラックで輸送していました。これを、韓国から博多まで船舶輸送し、博多から西日本へはトラックで、東京へは鉄道を使用して輸送するルートに変更。使用する船舶もコンテナ船より運行頻度の高いフェリーに変更し、出荷時から同一コンテナを一貫して使用することで、積み替えの手間も削減しました。

※モーダルシフト:トラックによる貨物の輸送を、CO2排出量が少なく、かつ大量輸送が可能な海運や鉄道に転換すること。