輸出入貨物取扱事業

輸出入貨物
取扱事業

アルプス物流では、日本と海外を結ぶ空・海の玄関口(成田国際空港、東京港)に密接して多機能物流拠点を展開。グローバルに電子部品ビジネスを推進するお客様に、それぞれの物流ニーズに合ったサービスを提供しています。また中国においても沿岸部の主要都市に、自社拠点を構えて、中国と日本や世界各地を結ぶグローバル物流に対応しています。各輸出入拠点では、輸出入業務の情報システム(TESS/AIOS)を活用し、スピーディな通関、フォワーディング業務を実現しています。

【輸出情報システム/輸入情報システム】
TESS/AIOS

Total Export Shipping System /
Alps Import Operation System

 

フォーワーダー業務を支える情報システムです。例えば、輸出の場面では船舶書類・通関書類などの作成をトータルに支援し、スピーディな手続きを実現します。

 

 

【貨物追跡システム】
ACFS

Alps Cargo Finder System

 

インターネットを通じて「国内配送」「輸出海上貨物」「輸出航空貨物」の動向や到着予測をお知らせします。